光熱費が断然安くなる家|エアパス工法の魅力

家の寿命を延ばす健康住宅

家造りには数多くの工法がありますが、その中でもエアパス工法は多くの人に注目を集めています。太陽の熱や風などの自然エネルギーを利用するので、夏場は涼しく冬場は暖かさを保った家になります。換気口の調整で一年を通して屋内の気温を常に保つことができるのです。また、結露が防げます。

外断熱工法よりも省エネに

住居

現在では住宅を建築する際に見た目だけではなくどれだけ住みやすいかも重視されるようになってきていますが、その中でも特に重点を置かれているのが省エネです。電気代などの生活費を抑えられるだけではなく、震災などの時に節電効果などもあって省エネを考えた住宅に注目が集まるようになっています。そんな省エネ住宅の中で注目されるようになっているのがエアパス工法です。省エネ住宅としては従来は外断熱工法がありますが、外断熱工法は高気密性は実現することは出来ますがデメリットもあるために理想的な工法とは言い難い部分があります。外気に影響されない高気密性はエアコンを使用する際には快適な生活が出来ますが、エアコンを使わないと夏場は夜間でも熱がこもりやすく冬場は昼間でも太陽の影響を受けにくいという欠点もあるのです。そこで夏場と冬場で切り替えを行って快適な生活を実現することが出来るとして注目されているのがエアパス工法です。外断熱工法のように高気密性は保ちつつ、エアパス工法は通気層を設けることで季節に応じて空気の循環を行うことが出来ます。夏場は換気口を開くことで床下から冷たい空気を取り込み、暖かい空気を外へ排出させることが出来ます。冬場はその逆で換気口を閉めることで外に暖かい空気を逃がすことなく、太陽熱で温まった空気を循環させることが出来るのです。また、エアパス工法は空気を循環させることも重視されているので湿気がこもりにくく住宅の耐久性も上げることが出来ます。

環境や家計に優しい住宅

エアパス工法で建てられた住宅は、別名で環境共生住宅と呼ばれています。自然エネルギーを使用するので、余分な費用を省いて快適な生活を送る事が出来ます。住んでいるだけでエコ活動をしているとも言えるでしょう。

住宅設備の特徴

エアパス工法とは壁の間に通気層と床下や屋根付近に換気口を作り、それによって自然に心地よい生活空間を作る工法の事です。非常に気持ち良く生活する事が出来ると言われていますが、それなりの費用がかかるのできちんと調べる事が大切だと言えます。