光熱費が断然安くなる家|エアパス工法の魅力

家の寿命を延ばす健康住宅

積み木の家

自然エネルギーを取り込む

家を建てる時には色々な工法があります。最近特に注目されているのがエアパス工法です。これはエコハウスへの需要が高まって開発された工法の1つです。エアパス工法には3つの大きな特徴があります。その1つは自然エネルギーを取り入れていることです。太陽熱のエネルギーを効率的に室内に取り込むことによって、冬は暖かく夏は涼しい家造りが可能になります。一般的な木造住宅では冬にストーブを焚き、夏はエアコンを稼働させます。エアパス工法の家は構造自体が外気を取り込むようにできており、自然な暖かさや涼しさを体感できるのです。エアパス工法の2つ目の特徴は、1年を通じて家全体の温度を一定に保つことができる点です。一般の木造住宅では部屋と廊下、部屋と部屋の温度差があります。エアパス工法では床下や屋根裏にある換気口を調節することによって、一年中過ごしやすい温度にすることができるのです。3つ目の特徴は、一年中屋内の気温を一定に保つことができるので湿気を抑え、結露を防止できる点です。結露を放置しておくと家の寿命にも影響を与えます。エアパス工法の家を建てれば長寿命の家造りができるのです。エアパス工法では床下や屋根裏の換気口だけではなく、壁体内換気といって壁の中に二重の換気層があります。床下の空気はそれを伝って屋根裏へ流れます。このように空気を常に循環させているので結露を防ぐことができ、住む人の健康にも家の寿命にも良い影響を与えることができるのです。