光熱費が断然安くなる家|エアパス工法の魅力

環境や家計に優しい住宅

玩具の家

自然のエネルギーを使おう

エアパス工法とは、木造在来工法や壁体内通気工法、パッシブソーラーシステムを組み合わせた環境共生住宅です。太陽の熱や風などの自然エネルギーを使って、屋根裏や換気口を利用し、夏は涼しくて冬暖かく快適に過ごすことができます。そのためエアコンを使う必要がなくなり、環境や家計に優しくて、エコや節約に繋がります。この工法を選ぶことで、様々な利益を得ることが可能です。また、エアパス工法は換気性に優れた設計になっているので、夏場は熱気と共に湿気を外へ出し、冬場は湿気を抑えて結露が防げます。湿気を抑えることで、カラッとした快適な空間で過ごすことができ、アレルギーの原因であるダニやカビを発生させません。エアパス工法で、夏は涼しく冬は温かく過ごせる住宅が作れる理由は、屋根裏と床下にあります。夏の場合、太陽の熱で暖かくなった空気は上昇気流により、屋根裏の換気口から外へ出ていきます。また、上昇気流の特徴により、床下の換気口から取り入れた涼しい風を引き上げて、住宅内に行き渡らせる効果があります。そのため、熱気をため込まず、室内を快適な温度に保つことができます。一方、冬の場合は、太陽の光を受ける外側の空気の温度が上昇し、太陽の光を受けない外側の冷えた空気の温度が降下します。冷えた空気の外側の下降気流が内側に入るのを、逆止弁がついたエアバスダンバーが防ぎます。ちなみに、エアパスダンバーとは、壁の断熱材の両側に空気が流れるようにするものです。これにより、住宅全体に風を行き渡らせることができます。エアパス工法の知識を取り入れて、自然エネルギーを有効に使ったエコ生活をはじめてみませんか。